MENU

女性ホルモンとダイエット

女性ホルモンとダイエットについて紹介したいと思います。女性ホルモンにはエストロゲンと呼ばれるホルモンとプロゲステロンと呼ばれる二つのホルモンがあるといわれていますが、この二つのホルモンとダイエットはかかわりあいがあるので紹介したいと思います。まずホルモンにはダイエットに効果あるホルモンとダイエットには関係なく逆に太ってしまうホルモンがあるといわれています。エストロゲンと呼ばれるホルモンがたくさん分泌されている時には、心も体も調子がいいのでダイエットの効果もアップするといわれています。

 

しかし逆にプロゲステロンが分泌されてしまっている時には体もしんどいですし、なんだか精神的にもイライラしてしまいますからダイエットには全く向かない時期だといえるそうです。この時期には水を飲んでも太ってしまいますからダイエットをしてもなかなか効果が表れないと思います。ですからこのことから見てダイエットをするならエストロゲンがたくさん分泌されている時期を選んでプロゲステロンが分泌されている時期はダイエットをやめておいた方がいいかもしれません。どうせがんばってダイエットしてもこの時期にはダイエットが成功するはずがないのですからその分ゆっくりしておいた方がいいかもしれませんね。

時以降何も食べないダイエット

6時以降何も食べないダイエットを紹介したいと思います。6時以降何も食べないダイエットというのはどんなダイエット方法なのかというと某人気女性シンガーがこのダイエットの方法を続けることでダイエットに成功して今でもスタイルがいいことから女性の間で一時期人気を集めたダイエットの方法です。6時以降というのは夜の6時です。このダイエットの方法はとても簡単で夜の6時以降には何も食べないというダイエット方法です。6時を過ぎなければ何を食べてもいいというダイエットなので辛いダイエットの時の我慢やストレスを感じることがないというダイエットの方法です。

 

6時以降何も食べないダイエットはどういう原理のダイエットの方法なのかというと、やはり夜遅くに何かものを食べてしまいますとそのまま脂肪として蓄積されてしまいます。ですから6時までに夕食を食べるようにする習慣をつければダイエットに自然に成功するというものです。実は私も半年間続けたこのダイエットですが確かに食生活を変えなくてもダイエットのために運動をしなくてもダイエットの効果が表れました。6時以降何も食べないだけでダイエットできてしまいますから手軽でお金もかかりませんし好きな時に好きなものを食べられるのがうれしいですね。

間違ったダイエットの方法

間違ったダイエットの方法について紹介したいと思います。ダイエットは女性なら誰もが経験があるのではないでしょうか?でも誰もが経験したことがあるというダイエットでも間違ったダイエット方法では痩せることはできませんし、間違ったダイエット方法をしているとやせないばかりか体に負担がかかってしまうことをご存知でしょうか?間違ったダイエットで体に負担をかけないためにもではどんなダイエットが間違ったダイエットなのか紹介したいと思います。たとえば食事を一切しないで断食をしてダイエットをする人がいますが、これは実は余計にダイエットを失敗させるといわれています。断食をすることで体重は一時的にすぐに痩せると思いますが基礎代謝も落ちますから普通の食事に戻したときにはすぐに太ってしまうので根本的なダイエットにはなっていないのです。また、単品ダイエットもありますが、リンゴだけとか茹で卵だけ、グレープフルーツだけといった単品の食べ物だけのダイエットは断食と同じことですからリバウンドしやすいです。

 

他にも下剤を使ったダイエットや利尿剤を使ったダイエットも同じように脱水症状が出てしまいますから健康にも影響を与えますしダイエットをする場合には、きちんと根本的にダイエットが成功するようなものを実行した方がいいですね。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク